とある清楚で美人で巨乳の人妻は
夫の借金で苦しんでいた。
ある日取り立て屋のブ男に
セ〇クスを条件に返済を持ちかけられるが
苦渋の決断で泣く泣く口だけという約束だったが
結局最後までヤってしまう話です。



■あらすじ
そこに現われたのはいつもの
借金を取り立てに来るデブでメガネのブ男だ。
ハゲというのも付け加えておこう。


リビング。
テーブルをはさんで
人妻とブ男が向かい合っている。
空気と時間が止まっているような感じだ。



『…それは』


タンクトップ一枚で
不潔全開のそのブ男は
人妻を向かいに借金の返済を強いているが、
ある条件を出している。

それは風俗で働いて
500万を稼ぐ案だ。


人妻は自分の膝を見下ろし小さい声を発した。
まるでダンゴムシが背中を丸めて
固まるように。
それもそのはず夫は行方不明、
自分は専業主婦で500万を工面する方法なんて
ひとつもない…。




『もう呼びますよここに』

ソッチ系の業者に今かと今かと電話を
かけるブ男は女イジめのように責めている。

それでも膝を見下ろし
どうにもできない人妻だ。
そんなときとんでもない
条件が出てきた。


『奥さん、私に一発ヤらせてくれたら10万でどうですか?ウヒヒ』


『…え!?』


その瞬間じっと考える人妻だった。
これしか方法がないのは十分理解しているが、
じっと躊躇しているのは
ヤりたくないヤりたくない、、、
である。

『ほ…本当に10万…ですか?』

でもこれしか方法がない、
と自分ではYESと言い出せない答えが
頭の中をグルグル駆け回っていた。
その誘惑にしか選択の余地がないほど
精神はヤられていたのだった。


『やんっ!』


『もちろんですよ奥さんボクはウソはつきません』


とブ男は突如後ろから人妻の
巨乳を揉みしだいたのだった。

人妻は何をされたのか分からなかった。
他の男に犯●れそうにになる瞬間を
冷静に考えようとしたが、、


『はい交渉成立!』


『やぁん!』


いきなりスカートを降ろされパンツは脱がされ
ブ男は人妻のマ〇コめがけて
ク〇ニをしだしたのだ。
考えさせる間もなく突然の襲い掛かりだ。


『さっ最後まではイヤです…!』


と何とか抵抗するも人妻は、
ブ男のクサイチ〇ポを握り
震える手で口元へもっていき
イヤイヤの〇ラを展開するのだった。

『ウヒヒ!奥さんうまいですねぇたまんないよぉ』


口だけなら5万というブ男の
条件だがそんなものはもう効果がない。

一度体をあずけてしまった人妻は
ブ男のセ〇クスのおもちゃにされる。

パ〇ズリ、バック、騎乗位、手コキ…
あらゆるバリエーションを試されオカされ、
人妻は心の中で夫へ何度も謝りながらも
最後にはブ男のクサイ精子を膣内で受け止める―。




基本24p、差分総数48p、PDF同梱、
となります。よろしくお願いします。
WEB SERVICE BY FANZA